So-net無料ブログ作成
検索選択

サークルKサンクスがファミリーマートに統一。ポイントの決着は? [生活]

サークルKサンクスとファミリーマートの合併は以前から発表されていましたが、結局のところファミリーマートに統一する形での合併となり、サークルKサンクスはなくなってしまうみたいですね!
展開規模などで考えれば当然とも言えますが、そうなると一番もめそうなのがポイントカード。それぞれ違うポイントと提携しているので、この点がどうなるのか気になります。


ファミマで使用できるポイントはご存知、Tポイントカードです。
Tpoint.jpg
https://ja.wikipedia.org/wiki/T%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88より引用

TSUTAYAはもちろん、レストランガソリンスタンド、果ては自動販売機から駐車場まで、おそらく日本で一番普及しているポイントカードなのではないでしょうか。


一方、サークルKサンクスで使用できるポイントはRポイントカード
r.jpg
http://ascii.jp/elem/000/000/938/938688/より引用

普段からサークルKサンクスを利用していない人にはもしかしたらピンとこないかもしれませんが、これは2014年10月にサービスが始まったポイントカードで、これを使用することで楽天スーパーポイントが貯まるというものです。
Tポイントカードに比べると利用できる店舗はまだまだ多くないかもしれません。


--------------------
スポンサーリンク






--------------------


さて、これまでサークルKやサンクスの看板で営業していたお店が、今後ファミリーマートになるということで、おそらくポイントはどちらかに一本化されていくと思われます。

それについてはまだはっきりとしたアナウンスはないようですが…
ここまでの書き方でも分かると思いますが、おそらくTポイントカードに統合されることになると思います。

理由としては、やはりこれまでファミリーマートが提携していたポイントカードですし、ファミマに統一されるということは、サークルKサンクスだった店舗のみがRポイントカードを維持するというわけにはいかないでしょう。看板は同じなのに使えるポイントカードが違うのでは利用者が混乱してしまいますからね。


2019年の2月までに全サークルKサンクス店舗を順次ファミマに統一していくということですので、おそらくそれに合わせて使用できるポイントカードも変更されるのではないでしょうか。


Rポイントカードの普及を狙う楽天にとっては、痛い合併なのかもしれませんね。
とは言え、消費者目線で言うと楽天ポイントよりもTポイントの方が使いやすいというのも事実。
楽天ショッピングのヘビーユーザーなら別かもしれませんが、ほとんどの消費者はそんなことはないと思いますし。やっぱり使える場所の多いTポイントの強みですよね。

これによってポイントサービスの拡充をしてくれるといいんですが。倍率アップとか倍率アップとか倍率アップとか。
それはさすがに期待しすぎですかね。笑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。